マイクロセンサ

 

スマホで酸素飽和度測定 高精度に健康チェック (1/2ページ)

 

2013.11.24 11:02

 

人が命を維持するためには酸素が欠かせない。脳も臓器も筋肉も酸素がなければ働かない。体に酸素が十分行き渡っているかどうかを調べることは、健康状態を知るうえでとても重要だ。

 

 指標となる「動脈血酸素飽和度(SpO2)」はパルスオキシメーターという医療機器で測定されるが、iPhone(アイフォーン)やiPad(アイパッド)など、米アップル社製のスマートフォン(高機能携帯電話)やタブレット端末を利用して測れる新製品「iSpO2」を、医療機器製造販売のマシモジャパンが発売した。

 

 高機能機種に使われる技術を搭載して高い精度を実現する一方、価格は従来の簡易型製品と同程度に抑えた。医療現場に加え、年内には一般向けにも販売を拡大。在宅治療や家庭での健康チェック、スポーツなど、より身近で幅広い領域での活用を目指すという。

 

メディカルテクニカへようこそ

お問い合わせ

TEL:  048-928-0168


 


デモご希望を歓迎します

メディカルテクニカの

製品の販売代理店募集

ご研究発表の新しい診断機器のご提案 超音波機能に、動脈硬化指標診断機能、12誘導心電図機能などの組み合わせ

ワイヤレス、モバイル、ICT,ブルーツース、クラウド、遠隔、小型、生体情報、バイタルサイン、連続波形、タブレット、医療ソフトウエア、ロボット、インターベンション、非観血、電池式、心電図、血圧、血流、体温、呼吸、SPO2,聴診音、自律神経、先天性心疾患、植え込みセンサー、FFT,エコー、最先端、当の情報に関心がございます。

ワイヤレス、モバイル、ICT,ブルーツース、クラウド、遠隔、小型、生体情報、バイタルサイン、連続波形、タブレット、医療ソフトウエア、ロボット、インターベンション、非観血、電池式、心電図、血圧、血流、体温、呼吸、SPO2,聴診音、自律神経、先天性心疾患、植え込みセンサー、FFT,エコー、最先端、当の情報に関心がございます。