心電図、到着を短縮 無用な病院経由を回避する手段に

http://clcard.umin.jp/

 

 急性心筋梗塞をはじめとした急性冠症候群への救急対応を巡り、患者搬送の運用体制をいかに改善していくか考え方を述べた。中で、心電図データを用いた搬送先の判断について報告。心電図のデータを事前に医師に送信すると、診断までの時間が短縮し、必要ならば直接、冠動脈狭窄へのインターベンションを実施可能な施設に送れるとして、今後の導入拡大を促すべきと考えを述べた。

________________________________________

高齢女性の夜間にリスク

 まず急性心筋梗塞の患者のうち、どういう条件に当てはまる人が病院搬送で遅れるかを説明した。患者条件としては、性別が女性であること、高齢であること、高速発症前の24時間以内であること、狭心症発作や肺鬱血の合併があること。さらに夜間の発症でも遅くなる傾向が報告されている。

 夜間発症が遅くなるかについては、午後8時から12時が最も遅くなった。夜間に入ると朝まで我慢するケースがある。そのために深夜だけではなく、より早い時間帯も遅くなる」と説明する。ただし、院内死亡率に有意差はなかった。

到着早く

 発症から病院到着を早めるために、携帯電話の回線で病院にデータを送信する。

 病院到着を早める要因として重要なのは、発症後、必要であれば、直接、冠動脈狭窄へのインターベンション治療を行える医療機関に搬送することだ。

 1992年に調べた時と2002年に調べた時との間で、医療機関への到着時間の遅れは変化がなかった。

 救急車で検査可能な心電図を導入して、救急車の内部で心電図を測って、伝送する仕組みを構築。病院で医師が心電図を基に診断して、必要な患者を確実に対応可能な医療機関に搬送できるようにした。検証したところ、端末を使って急性冠症候群の患者を診断するようにしたところ、病院到着までの時間はシステムを使わない場合に96分だったのに対して、利用すると86分となり、大幅に短縮できた。

 ほかの地域でも有効に使える可能性がある」と話し、今後のシステムの活用を促すべきだとまとめた。

メディカルテクニカへようこそ

お問い合わせ

TEL:  048-928-0168


 


デモご希望を歓迎します

メディカルテクニカの

製品の販売代理店募集

ご研究発表の新しい診断機器のご提案 超音波機能に、動脈硬化指標診断機能、12誘導心電図機能などの組み合わせ

ワイヤレス、モバイル、ICT,ブルーツース、クラウド、遠隔、小型、生体情報、バイタルサイン、連続波形、タブレット、医療ソフトウエア、ロボット、インターベンション、非観血、電池式、心電図、血圧、血流、体温、呼吸、SPO2,聴診音、自律神経、先天性心疾患、植え込みセンサー、FFT,エコー、最先端、当の情報に関心がございます。

ワイヤレス、モバイル、ICT,ブルーツース、クラウド、遠隔、小型、生体情報、バイタルサイン、連続波形、タブレット、医療ソフトウエア、ロボット、インターベンション、非観血、電池式、心電図、血圧、血流、体温、呼吸、SPO2,聴診音、自律神経、先天性心疾患、植え込みセンサー、FFT,エコー、最先端、当の情報に関心がございます。