>

 

武田薬品の広告が患者に与えた不利益は甚大CASE-J試験の疑惑を指摘してきた桑島巖医師に聞く

 

武田薬品の広告が患者に与えた不利益は甚大 CASE-J試験の疑惑を指摘してきた桑島巖医師に聞く

 

(C)東洋経済オンライン

 

 医師主導臨床試験をめぐる不祥事が次々と持ち上がり、産学協同への信頼が大きく低下している。ノバルティスファーマによる不正に続き、3月3日には武田薬品工業が高血圧症治療薬ブロプレス(一般名カンデサルタン)のセールスプロモーション(販売促進活動)を不正確なデータを用いて7年以上にわたって続けていたことが発覚。同社の長谷川閑史社長自ら、「日本製薬工業協会が定めたプロモーション規約に違反していた」と認めて謝罪した。

 

 カンデサルタンを初めとする高血圧症治療薬の医師主導臨床試験に疑問を投げ掛けてきた桑島巖医師(NPO法人臨床研究適正評価教育機構理事長、東京都健康長寿医療研究センター顧問)に、問題の所在について聞いた。

 

以前から問題点を指摘してきた

 

――武田薬品が37億円にのぼる多額の寄付金を拠出した医師主導臨床試験CASE-Jでも、不正疑惑が持ち上がりました。

 CASE-J試験は、ノバルティスファーマが関与したKYOTOHEART試験やJIKEI HEART試験と並んでおかしな点が多いと以前から私は指摘してきた。詳しくは「循環器トライアルデータベース」というインターネットサイトに私が書いたコメントが掲載されているので見てほしい。

 

そこに記述したが、武田薬品の高血圧薬カンデサルタンと他社のアムロジピンの2群間の比較において、カンデサルタンを投与された患者群のほうが明らかに多くの高血圧薬を併用していることが、2008年に発表されたCASE-Jの主論文から明らかになっている。このことは、ほかのたくさんの薬剤を服用しなければ、アムロジピン投与群と同等の降圧効果を得られないことを証明している。

 

エンドポイント(評価項目)の内訳を見るとわかるが、カンデサルタンが優位な狭心症やTIA(一過性脳虚血発作)などは、客観性の乏しいエンドポイントである。これらの項目には臨床試験にかかわった医師の主観が働きやすく、この点でも企業支援による非盲検試験に特有の問題点が浮かび上がってくる。

 

――学会発表データを元に武田薬品の企画広告で作成されたグラフでは、治療を開始して36カ月まではアムロジピンを投与した患者のほうが心血管イベントの発症率が少なかったものの、36カ月を境に逆転し、カンデサルタンのほうが好成績になっていました。

 試験開始からしばらくの間はアムロジピン群のほうが血圧の低下が大きいから、脳卒中や心筋梗塞などの心血管イベントの抑制に効果があったと考えられる。それが途中から逆転することは考えにくく、何らかの操作の疑いを抱かせる。グラフの形もきわめて不自然だ。(CASE-J試験の運営を受託した)研究センターから発行されたニュースレターをみると血圧が高い場合には併用禁止薬を投与してよいことになっているが、それらを統計上どのように扱ったかが問題である。

 

薬事法違反の誇大広告に該当も

 

――武田薬品は、学会発表のデータを販売促進活動に使用したことは、日本製薬工業協会のプロモーション規約に違反する不適切な行為だったと認めました。

 それ自体はそうだろうが、薬事法違反の誇大広告にも当たるのではないか。アムロジピンのほうが薬の値段が安いうえに、降圧効果が大きい。にもかかわらず、誤った情報を元に、カンデサルタン服用にメリットがあると最近までPRしてきたのだから、患者さんに与えた不利益はきわめて大きいと思われる。

 

 

 

メディカルテクニカへようこそ

お問い合わせ

TEL:  048-928-0168


 


デモご希望を歓迎します

メディカルテクニカの

製品の販売代理店募集

ご研究発表の新しい診断機器のご提案 超音波機能に、動脈硬化指標診断機能、12誘導心電図機能などの組み合わせ

ワイヤレス、モバイル、ICT,ブルーツース、クラウド、遠隔、小型、生体情報、バイタルサイン、連続波形、タブレット、医療ソフトウエア、ロボット、インターベンション、非観血、電池式、心電図、血圧、血流、体温、呼吸、SPO2,聴診音、自律神経、先天性心疾患、植え込みセンサー、FFT,エコー、最先端、当の情報に関心がございます。

ワイヤレス、モバイル、ICT,ブルーツース、クラウド、遠隔、小型、生体情報、バイタルサイン、連続波形、タブレット、医療ソフトウエア、ロボット、インターベンション、非観血、電池式、心電図、血圧、血流、体温、呼吸、SPO2,聴診音、自律神経、先天性心疾患、植え込みセンサー、FFT,エコー、最先端、当の情報に関心がございます。