12誘導心電図の効用

循環器疾患などを対象とした創薬研究に、12誘導心電図を用いる方法をご提案します、

ネットとICTを用いた画期的な方法です、院内はもちろん、院外の12誘導心電図は、

きちんとした従来の心電図電極を用いる方法はもちろん、新開発のワンタッチ電極や、シャツ式心電図電極を用いて、どんな場所でも、12誘導心電図が測定でき、そのまま、記憶でき、あるいは、サーバーへ転送でき、あるいは、登録者へ転送でき、記憶したい場合の選定も自由にできます、また、記憶された心電図を時系列に呼出すことも、特定の比較もできます、お問い合わせは、メディカルテクニカまで、


12誘導心電図の持たらす効用」の研究ご賛同者募集

心電図の計測の簡便化をICTを用いて技術面から検証、効用を検討する、


1、何処でも、何時でも、誰でも、測定可能

2、測定すると、センターで記憶、

3、何処でも、何時でも、誰でも、呼出せる

4、二重三重の測定が避けられる

5、他の方法や診断や投薬や処置などのより適性を保証する、

6、病診連携がより適性化される、

7、再来の場合、過去との対比で、より適性化が図れる、

8、医療機器の有効利用が期待できる、

9、複数の専門医がほとんど同時に診断できる、例えば、冠動脈、不整脈、心臓外科、

高血圧、腎臓、透析、脳血管、肺、呼吸、血管外科、集中治療、救急、麻酔など、

10、投薬の適性化、あるいは、創薬の一助のデータの提供、

11、在宅ネットとの連携が期待できる、

 

メディカルテクニカまで、

Email  gelertduna@gmail.com

 


院外発症心疾患の専門医による素早い診断方法

メディカルテクニカへようこそ

お問い合わせ

TEL:  048-928-0168


 


デモご希望を歓迎します

メディカルテクニカの

製品の販売代理店募集

ご研究発表の新しい診断機器のご提案 超音波機能に、動脈硬化指標診断機能、12誘導心電図機能などの組み合わせ

ワイヤレス、モバイル、ICT,ブルーツース、クラウド、遠隔、小型、生体情報、バイタルサイン、連続波形、タブレット、医療ソフトウエア、ロボット、インターベンション、非観血、電池式、心電図、血圧、血流、体温、呼吸、SPO2,聴診音、自律神経、先天性心疾患、植え込みセンサー、FFT,エコー、最先端、当の情報に関心がございます。

ワイヤレス、モバイル、ICT,ブルーツース、クラウド、遠隔、小型、生体情報、バイタルサイン、連続波形、タブレット、医療ソフトウエア、ロボット、インターベンション、非観血、電池式、心電図、血圧、血流、体温、呼吸、SPO2,聴診音、自律神経、先天性心疾患、植え込みセンサー、FFT,エコー、最先端、当の情報に関心がございます。