動脈硬化と関連医療との関連のご発表をご期待しております

Arteriograph (動脈波形図)とはどういうことを指していますか

――動脈硬化症の初期の診断での新しい手法で、ハンガリの医師の世界特許です。

 

この検証をする研究チームは何方ですか

――主にハンガリの大学や研究機関の方々です。

 

その特許の主な測定方法はどんな内容ですか

――オッシロメトリック法で上腕動脈に現れるサインが動脈硬化の情報を含んで

 いることを発見したことによります。この診断方法により、全身の動脈に対して

 も適用できることが判明したからです。

 

この測定法で何が判りますか。動脈の硬さとはなんですか

――この手法が、動脈の年齢を検出します。そして、それは、年齢と共に強度に関係した

 動脈の硬さを意味します。

 

脈波速度(PWV)とオウグメントインデックス(Aix)とは何を意味していますか

――これらは、非観血検査の指標として用いられています。PWVは大動脈に対して

 利用されています。AIxは、下記公式で導かれます。

  (P2-P1)/PPx100 で、P2 は心臓から駆出された収縮期圧の第二波で、

   P1 は、第一波、 PP は脈圧です。

 

これらのパラメータは、血管系の状態とどう関係していますか

――大動脈血管壁が硬くなるに従い、PWV値が上がります。12n/s 以上の値は、

 明白に病的と受け止められている。なぜなら、これ以上の値では、生存率が有意に

 悪くなっていることが証明されている。Aix は血管ンp硬さを示している。

 

どんな分野で、この測定方法が有効ですか

―― プライマリケアをする医師で、一般内科医です。

 また、産業医、総合診療科医、検診科医、循環器内科医、心臓疾患医、

腎臓疾患医、透析医、糖尿病医、高血圧症医、肥満症医、老年科医、

小児科医、脳外科医、肝臓疾患医、研究者、など。

 

長時間測定の方法はありますか

――24時間のホルターのような、携帯式があります。

  ワイヤレスブルーツースタイプあり、救急用、集中治療用、手術室用、

  外来検査用、心臓リハビリ用、一般リハビリ用、透析用、などに有効です。

 

どんな医学的なパラメータが、この測定から得られますか

――収縮期圧、拡張期圧、平均血圧、脈圧、心拍数、オウグメントインデックス、

  PWV,SAI,DAI,など

  詳細は、機種により更に多く提供されます。

 

日本では、どうように使用できますか

――日本国に特許が登録されていますが、まだ、ご利用は始まったばかりです。。

  医療機器製造販売業のメディカルテクニカ有限会社が研究用としてご紹介を

  開始しています。日本でもご利用価値がみとめられれば、薬事認可を取得します。

当該メディカルテクニカは、2007年より当該ハンガリ国のラブテック社製

ワイヤレス12誘導心電計や血圧付きホルターを薬事許可を頂いて販売しており、

その社長と当該テンシオメド社社長とは友人の関係です。

 

日本で、ご評価をご希望の先生からのご一報をお待ちします。特価でお役に

たちます。

 

特徴は、小型軽量、低価格、ワイヤレス或いは有線などをご用意しています。

ご質問をお待ちしております。

お問い合わせ 電話048928-0168 email gelertduna@gmail.com

 

概要の邦文ご案内

Arteriographfront.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 532.4 KB
Arteriograph

メディカルテクニカへようこそ

お問い合わせ

TEL:  048-928-0168


 


デモご希望を歓迎します

メディカルテクニカの

製品の販売代理店募集

ご研究発表の新しい診断機器のご提案 超音波機能に、動脈硬化指標診断機能、12誘導心電図機能などの組み合わせ

ワイヤレス、モバイル、ICT,ブルーツース、クラウド、遠隔、小型、生体情報、バイタルサイン、連続波形、タブレット、医療ソフトウエア、ロボット、インターベンション、非観血、電池式、心電図、血圧、血流、体温、呼吸、SPO2,聴診音、自律神経、先天性心疾患、植え込みセンサー、FFT,エコー、最先端、当の情報に関心がございます。

ワイヤレス、モバイル、ICT,ブルーツース、クラウド、遠隔、小型、生体情報、バイタルサイン、連続波形、タブレット、医療ソフトウエア、ロボット、インターベンション、非観血、電池式、心電図、血圧、血流、体温、呼吸、SPO2,聴診音、自律神経、先天性心疾患、植え込みセンサー、FFT,エコー、最先端、当の情報に関心がございます。